VenusBloodB_0002

産卵触手がデフォになりつつあるVBシリーズの新作

VenusBloodB_0086

DualTailの看板商品であるVenusBloodシリーズ。
待望の新作である「VenusBlood-BRAVE- (以下:VBB)」現在プレイ中でございます。

前作のVenusBlood-RAGNAROK-では、初の続編作品ということでファンを驚かせてくれましたが、今作はRPGで登場!
いつものSLG形式で出せば間違いないはずなのに、あえて冒険に出た今作・・・期待半分、不安半分で待っていました。

結論から言うと、期待値以上の良作で不安なんかする必要無かったです!
魔王を討伐するため旅をする勇者、旅先で増えてゆく仲間たち、各地に滞在する四天王・・・など、
いつもの複雑な設定と違い、RPG特有の王道ストーリーが万人受けする熱い展開を演出します!
また、過去作と違って超複雑なパラメータやスキルはありません。種類や組み合わせは多いですがRPG向けにシンプルになっています。

しかし、VBシリーズの特徴を削っているわけではありません。
ヒロイン達が産み落とす<ガーディアン>は、いつものユニット達であり、もちろん膨大な種類が出ます。
選択肢によってロウ・カオスの分岐が発生し、物語の終幕が大きく変化します。
物凄いバランスの難易度設定やバーサクモード、そして主人公が扱う触手を見ていると、
「やっぱりVBじゃないか!(歓喜)」と実感することは間違いなしです。

つまり、シンプルなシステムと王道ストーリーから、ご新規さんにオススメすることができ、
尚且つ、VBシリーズ大好きな触手さん達も大満足できる一品というわけです。

さて、ここからは、今作の仕様毎に簡単な説明と感想を踏まえてご紹介します。

VenusBloodB_0041

今作のストーリーは、主人公ハイン勇者レオナが、旅先で出会った仲間たちと共に、復活した魔王を討伐する王道物語。
魔族が襲撃していた街に現れたレオナと街で研究していたハインが出会うところから物語が始まります。
ハインは魔族でありながらも人間に加担する謎の人物であり、圧倒的に弱い人間が魔族に抗える術を研究しています。
それが、今作のコンセプトである「産卵」であり、繰り返すことで自身の強化と戦力が確保できます。
レオナと仲間たちは、産卵を繰り返しながら戦力を整え、魔王討伐を目指して旅をします。

パッと見、今作の主人公は力弱そうで内気で陰湿そうだなぁ~と思いがちですが、結構ガツガツ喋ります。
その上、サディストで性欲満載なので、VB主人公の資格を十分持ち合わせています。
こう見えて三桁以上の女を抱いているため、テクニックもすごいです。射精量もすごいです。触手も出します。
中々落ち着いた喋り方でボケかましてくるので面白いです。過去作含めた男キャラの中でも個人的に気に入っています。

分岐は、ロウ・カオス・ノーマル・バッドがあります。
更にヒロインの好感度次第では個別エンドも用意されているとのこと。
選択肢でLaw値、chaos値、好感度が上がったり下がったりします。ここら辺はいつものVBと同じですね。

VenusBloodB_0531

RPGといえばダンジョン的なマップで探索するイメージがありますが、今作の仕様は超シンプルなスゴロクマップです。
途中に分かれ道は任意で選択でき、マス目には敵・休憩地・アイテム・罠などが設置されています。
1マスに付1ターン経過、戦闘での1ターンは0.1ターンとして加算され、基準値以下でクリアすれば評価がSになります。
休憩地点ではパーティ編成が可能なので、仲間が増えてくるとローテーションを組むことになります。
ちなみに、パーティは最大4人と、一人につきガーディアンを3体までセット可能です。
マップはシンプルですが、属性相性、敵レベルの変化、消費アイテムの制限などの効率化が難しいため、難易度ベーシックでもS評価を取るのは難しいです。

VenusBloodB_0251

戦闘も操作は非常にシンプルです。
オーソドックスなターン制形式で、スキルは各キャラ・ガーディアンが1つだけ覚えており、ゲージが溜まれば全体攻撃の奥義が使えます。奥義は同時発動人数が増えるほど威力が増し、単体相手だとダメージ集中する必殺技です。

アイテムは、右下のHealから3つの回復アイテムを選択して使えます。このアイテムは拠点に戻ることで補充可能であり、進行具合(研究など)によっては上限も増やすことも可能です。

と、上記のように操作は非常にシンプルですが、VBシリーズの複雑な点といえばパッシブ系のスキルですよね。
パッシブスキルは、連撃率UPや持続回復、持続ダメージ、体力吸収、トレハンなど様々で、ガーディアンが固有に取得しています。対象のガーディアンを装備することで効果が自動発動(パッシブ)するという仕組みです。
また、ヒロインは産卵したガーディアンのパッシブスキルを継承します。
これについては下記の産卵システムで紹介します。

しかしまぁ、いつものVBシリーズと比べればさほど複雑でもないです。
複雑なスキルも少なく、命中率やダメージまで丁寧に記載されているのでどの程度効果が見込めるか判断し易いです。
連撃発生率をとことん付与させたり、持続回復を固めたりとキャラ毎に長所を特化させるだけで十二分に戦えます。特に初期のガーディアンは超優秀なので、悩んだら装備しておけば間違いなしです。

VenusBloodB_0533

拠点では、クエスト受注、パーティ編成、アイテム売買、武器の強化や非売品を作れる研究、ヒロインの調教を管理するコール・・・そして、ガーディアンを産みだす産卵があります。

公式HPやゲーム内のチュートリアルで細かく説明されているため、コールと産卵だけ補足します。

まずコールですが、ヒロインの調教方針には快楽・被虐・羞恥の3つがあり、好きな値を成長させることができます。もちろんヒロインがどの方針で淫乱に育てるか決める意味もありますが、産ませるガーディアンの種族にも影響します。
例えばレオナの場合、快楽=竜、被虐=獣、羞恥=亜 で種族が設定されており、調教が進むと対象の種族のより強力な固体が産卵可能になります。
一つの調教を極めて強い固体を産むか、並行に調教してバランスを重視するかは触手次第ということです。

また、研究を進めると、調教ポイントを倍増させてくれる装備アイテムを作ることができるので、効率がグッと上がります。調教ではポイントに比例した魔力供給も行われるので、早々に研究しても良いかと思います。

VenusBloodB_0534

産卵は各ヒロイン5体産むことができ、超える場合は既存のガーディアンを退役させる必要があります。
一度退役させた場合、再度産むこともできます。その場合、士気と呼ばれるヒロインの数値が反映されるため、より強い固体として生まれ変わります。VBシリーズお馴染みの再雇用システムです。

産んだガーディアンのパッシブスキルは、ヒロインが継承します。
また、ステータスが向上し、紅月耐性が上がるなど、メリットしかないのでガンガン産みましょう。

ちなみに、主人公のハインは産卵ができない代わりに、コール画面でネクタール(魔力を消費して作成するメイン資材)を消費して強化できます。その強化の上限値は、どのヒロインでも産卵すれば勝手に上がります。コストの低いガーディアンの産卵を繰り返すことでハインだけやべぇ状態にすることもできます。
ハイン主体で攻略するか、ヒロインズを強化するかは触手次第。どちらもネクタールを使うため両立は難しいですね。

それと、産卵回数によってヒロインの固有イベントが解放されます。
とにかく産卵にデメリットはないので、ネクタールがあるならガンガン産みまくっていきましょう!
ぶっちゃけケチってるとツライ難易度のゲームです。ネクタールのコストは計画的にね。

VenusBloodB_0200
VenusBloodB_0073

おまたせしました。エロシーンです。
VBシリーズのエロは毎回期待できますが、いやぁ、今作も実に見事ですね・・・よく声優演じられるなぁてのも多いです・・・。過去作では、敵だったヒロインを仲間にし、捕虜として調教することが多かったですが、今回は最初から味方パターンが多いですから変化があって楽しいのです!

まったりな純愛エロ、嫌々従う調教エロ、快楽漬けの触手産卵エロ、人生終了敗北エロなど、ソフトから超ハードまで様々あるので飽きないですね。

さて、調教系もいつものようにハードな内容が多いのですが、ここではあえて敗北シーンについて書かせていただきます。
特定のボスに敗北すると、そのまま敗北シーン(ネタバレ注意)に移行し、シーン後にゲームオーバーになります。
対象の敵はボスキャラなのですぐ分かると思いますが、取り逃しても回想部屋から再度シーンを閲覧することで回収できます。
そしてこの内容が実にハードでして、頭かき回されて人格消されたり、丸呑みにして消化されたり、本当の敗北エンドなので苦手な人注意です。命乞いや絶望的な表現がグサグサと心に突き刺さる感じは絶品です。声優さんの迫真の演技も見ごたえあり!

そんな感じでエロシーンも期待値以上に楽しめてます。エロを求めている方は是非プレイしてみてください。

VenusBloodB_0424

さて、発売から一週間経ちますが、管理人はまだ初周を楽しんでおります。
生意気なことに難易度ベテランでスタートしたのですが、2章で詰みました!!!!!!!
そのため、途中からベーシックに変更しましたが、それでも結構難しいです。
どうもネクタールをケチっちゃうのが悪いですね。あとハインを全然育ててなかったです・・・。
だってさ!やっぱ産卵したいじゃない!?ハインの強化はパラメータがポポーンと上がるだけなので、出来る限り放置してます。・・・上がるだけだよね??
ルートですが、全てロウを選択しています。
いつものSLGだと、メダリオン開放狙いでカオス目指すことが多いですが、今作はやっぱハッピーエンド見たいなぁて思いまして・・・。いつもよりヒロインとの関わりが多いので感情移入という点もありますしおすし。

それと、初めてパッケージで購入してみたんですが、特典の攻略冊子便利ですねこれ。
ネタバレになりそうなところを控えてチラっとどんなもんか確認したところ、ルート表やマップ、ヒロインの成長方針とちょっとしたテクなど、周回時はガンガン使っていけそうな内容が書いてありました。
いやぁ~、今度からこりゃパッケージ購入ですね。発売日に来なかったけど・・・・・・。
では、次はクリア後に更新します。閲覧ありがとうございました~。


☆購入サイト紹介ページ☆下記バナークリックで展開します
VenusBlood-BRAVE-