Anthropocene__0001

あのスチームパンクな世界が再び!!栄えあれ、アントロポセン!!

◆はじめに

Anthropocene__0134

アントロポセン1889
RPG サークル 発売日 価格
スレイヴ・カンパニー 2019年5月30日 700円
アントロポセン1889

あのスチームパンクの世界が今再び!
前作『VOYAGE-崇高を俯瞰するための手引-』では、その独創的な世界観に驚かされました。
今作はVOYAGEの約5年前を描いた過去編です。なので前作がちょっとしたネタバレになってたり(笑)

主人公は例のペストマスク男ことメリルと、彼の作った人形ビルギット。お金大好き凸凹コンビです。
ちなみに、サムネイルの目玉のない人形は、ビルギットではなくニュメレールという別のお人形ちゃんです。
この子もとてつもなく可愛いので期待しててください!にゅるにゅるだからニュメレール(プレイすれば分かる。

今作めちゃくちゃ価格が安くなっていますが、実はフリーゲームのリメイク作品なのです。
また、エッチのボリュームがほどほどなので、前作より少し安くしたみたいですね。
・・・そんなの関係ないわい!!安すぎるわい!!「振り込めない詐欺」ですよ!!

以前にも言いましたが、この作風は類似する作品が存在しない!スレイヴカンパニーの味が強すぎるのです。
そんな貴重な作品をこの価格でなんて心苦しいってもんですよ~。早くCi-enの有料プランこないかな・w・

この作品を多くの方にプレイして欲しいです。
世界観が合う合わないはあるかもしれませんが、このような世界があることを見て欲しい!
私は同人ゲームをプレイする時、作者が想像した世界に入り込む感覚がたまらなく好きなのですが、
この世界は本当に珍しくて不思議なんですよ。だって私が想像するには遥かに遠い世界観なので・・・
今の表現で伝わるか非常に不安ですが、なんとなくニュアンスで伝わってくれれば幸いですっ!

さて、それでは気になる今作について、下記にて詳しく紹介していきます!
当記事で使用している画像は、制作者様より掲載許可を頂いております。

▼関連記事(カテゴリ:スレイヴ・カンパニー
VOYAGE-崇高を俯瞰するための手引- 紹介記事
アントロポセン1889 紹介記事

▼サークル情報
Ci-en https://ci-en.jp/creator/2915
Twitter https://twitter.com/verochi5

▼作品購入ページ
アントロポセン1889

◆その他の情報

旧:アントロポセンの紹介動画(非公式)

本編はボイスないのですが、声ありもすっごいいいなぁー!て思える紹介動画です。
「所持金!?なに言ってんの!?」の部分が特に可愛いから見て。絶対。(1:23)
・・・あれ?この動画あれば私の記事いらないんじゃ・・・?



公開されている作品の時系列順
 ▶PYGMA RPGアツマール(2016年12月公開)
  今作で登場したイライザが活躍する物語。時系列は今作のちょいと前。

 ▶アントロポセン1889 DLsite 旧:アントロポセン(公開終了)
  今作です!ビルギットちゃんが自由とお金のために頑張っちゃう!時系列は1889年。

 ▶VOYAGE-崇高を俯瞰するための手引- DLsite
  前作です!レノールちゃんが童話の世界に入り込んで頑張っちゃう!時系列は1894年  

 ▶ストロベリー・ヒル・ホテル RPGアツマール(2017年8月公開)
  こちらは同名の施設が登場するけどパラレルワールドになります。時系列は1929年。

◆作品紹介

Anthropocene__0067Anthropocene__0049

舞台は欲望と金に支配された機械都市アントロポセン。技師メリルは『金』のために危険な依頼を請け負う…

スチームパンクな雰囲気漂うこの舞台は、蒸気機関による産業革命真っ盛りな「機械都市アントロポセンです
都市の英雄企業であるL社は、秘密裏に行っていた人体実験の機密情報反政府組織ビギナーズに盗まれました。
失墜の危機に直面したL社が隠蔽工作のために雇ったのは、アントロポセンでもはぐれ者の技師メリルです。

メリルは、L社の機械製品を改造しては売り捌いている厄介者…依頼が成功すれば良し、失敗すれば殺すだけ…
また、金に貪欲なメリルは金には嘘をつきません。今回は莫大な報酬で依頼を引き受けました。
物語冒頭では、そんな金の亡者メリルが早々に捕まっているところから始まります一体何があったのか!!

ちょいと世界観について補足すると、
まずL社は、蒸気機関技術を急速成長させた産業革命の英雄企業です。
労働を全てロボットに任せてしまおう!という大義があり、非合法な研究を進めて更なる発展を目指しています。
例えば、人間の精神を分離させて人工知能としてロボットに植え付けるとかです。今作のキーポイント!

次に、反政府的な組織のビギナーズは、L社失墜を目的として活動するレジスタンスです
この都市は格差社会であり、L社のロボット改革でリッチな生活を満喫できるのは上層の人たちだけ。
中層・下層は、ロボットに仕事を奪われることで飢えてしまうのです。だから革命が必要なんですね!
というのは建前で、どちらかといえば各々がL社に対する個人的な恨みが強いような…ここも注目です!

最後にメリルですが、金の為ならなんでもするペストマスクのイケメンです。
ただし性根は腐っており、自身の開発した可愛い女の子人形を何の躊躇もなく爆破できるクズ野郎です!
彼自身が別に少女趣味なわけではなく、単純に機械の軽量化を重ねていったら女型になっただけです。
クズ野郎ですがなぜか恨めない…むしろ好きになってしまうのは作風のおかげですね!良いキャラしてるぜ。

ちなみにコチラが人物相関図なので是非是非ご覧ください。ネタバレにはならないよ。
好き→好き→好き→好き→<<<お金>>>←好き←好き←好き←好き


Anthropocene__0135Anthropocene__0042

自我に芽生えた自動人形の「ビルギット」彼女が最初に望んだことは『金を貰って優雅に暮らすこと!

この子が今作のヒロインである自動人形のビルギットちゃんです。
メリルの作った人形で、命令に忠実な戦闘ロボットだったのですが、ある出来事をきっかけに自我に芽生えます

感情を持った彼女の目的は大きく2つ!
一つ目、L社から依頼の報酬を貰って優雅に暮らしたい。
二つ目、散々酷い目に遭わせてきた主人のメリルを殺したい

忠実さの欠片も残ってませんね!!
メリルはビルギットをいつでも爆破できるため、しぶしぶと共同しながら窮地を突破していきます。
いや…メリルは戦闘力0なので、真顔で爆破スイッチを持ちながら危険な事は全部ビルギットにやらせます・・・
このお金大好きな凸凹ダブル主人公のやり取りが始まりから終わりまでとっても面白いです!

前作「VOYAGE-崇高を俯瞰するための手引-」をプレイされた方は、レノールちゃんを覚えておいででしょうか?
あの子はエッチ用のお人形をメリルが改造していましたが、このビルギットちゃんはガチで強いモデルです。
戦うタイプのロボットは一味が違うなぁ!てとこにも注目ですよ!ビルギットちゃんほんと強いから!

ちなみに、前作のVOYAGEは、今作の約5年後の同じ世界です
今作が過去編なので、順序はどちらからプレイしても大丈夫ですし単体作品でも問題ないです。
個人的には、時系列順の方が内容が分かりやすいため、あえて今作(アントロ)→前作(VOYAGE)の順がオススメかな


Anthropocene__0126Anthropocene__0229
Anthropocene__0301Anthropocene__0393

自己中心的なキャラクターが織り成すブラックジョーク(?)満載な軽快なノリが魅力!

先ほどリンクしたコチラ相関図を見ての通り、今作は非常に多くのキャラクターが登場します
上の二人は先ほど紹介した凸凹主人公です。ほら・・・真顔で爆破しようとしてるでしょ・・・。

ニュメレールは、こちらも自我を持った人形ですが「にゅるにゅるした触手」が生えています。
ちょっと虐めたくなるニュルニュルした可愛い人形です。あのニュルニュルは何なのかは作中にて!

インベルは、両腕と片足が義手の人間の女性で、ニュメレールの主人です
時々サイコパスな発言が飛んできますが、比較的落ち着いた性格…いや…これも作中で注目箇所が!

他にも、めっちゃメンタルの強い女の子変の仮面を付けた男すごい堅い男の人形などなど。
自己中心的で『金』が大好きなキャラクターが多数登場します。癖の強い軽快なノリで終始笑いが絶えなかったよ!


シナリオの進行は、指示通りにマップを進んでイベントを発生させていけばOKです
各所で戦闘はありますが、負けても救済措置でサクサクです。物語・雰囲気重視の作品ですね!

豊富なマップはなんと全て手描き!狂気の沙汰ですよ…(褒めてる
一つ一つの塗りが丁寧で一切の抜かりなし!BGMも相まって雰囲気抜群です!
また、クリア後は自由徘徊できるので、ぜひ一通り探索してみてください。


Anthropocene__0138Anthropocene__0250

戦闘は所持金を使用して攻撃可能ッ!負けても1000円払えば勝ったことに!全ては『金』!

戦闘はオーソドックスなターン制バトルです。
パーティは1人だったり4人だったり、使用キャラも物語に合わせて変化します
また、人形のビルギットちゃんたちは経験値が取得できないためレベル上げは不要です。

今作の戦闘仕様は一風変わっており、お金を払って攻撃することができます
銃弾を使えば補充にお金が掛かる。破損部分を修理するのにもお金がかかる。世の中お金が全てなのだ!
また、戦闘に敗北しても1000円払えば勝ったことに!結果を捻じ曲げるのもお金のパワーッ!

お金は敵を倒したり拾ったりして補充でき、アイテムのポケットマネーは一律1000円補充できます。
戦闘を避けていても、ポケットマネーが十分集まるため、所持金不足で詰むことはないと思います

バトラーグラフィックも手描きのロボットが多数登場!
左のやつはペストヘッドて名前の最序盤に出てくるやつなんですが、筋組織的な部分がカッコよくない?
そしてこの鞭状の武器からビリビリが出てくるんです!ちなみにこいつなんて全然序の口の機械です。
家事用だったり戦闘用だったり、最新のヤバイ型だったり、色んなタイプが出てくるので見物ですよ!


Anthropocene__0190Anthropocene__0263

メカバレは初めてかい?機械だからおめめクリクリされちゃうけど性行為はないぜッ!

ロボッ娘が欠損するエッチシーンをメカバレというなれば、今作は10割メカバレです
痛覚はなく流血もしませんが痛そうではあります!そんなソフトリョナなイメージです。
ちなみに性行描写はありません。お人形ですから!

ニュメレールちゃんがおめめをクリクリされちゃったり分解されて内部構造を調べられたり
跪いて服従のワンワンポーズを取らされたりなどちょっとSな心を刺激するシーンが多いです!

そうなんです!エッチの大半は主人公のビルギットではなく、ニュメレールちゃんが担当しています!
ビルギットはニュメレールを分解する側ですね…お人形二人がSとMでいい感じに分けられています。

服従を虐げられてたビルギットが自我を持つことで他者の上に立つことができるようになった
その快感を覚え、命令に従うニュメレールを屈服させる描写が凄く素敵なので注目してみてください!
それにしても…命令に従わない機械人形て恐ろしいですよね…人間では太刀打ちできませんから…

◆おわりに

Anthropocene__0297

紹介は以上です!
私のプレイ時間は4時間でした!

クリアすると用語辞典が一気に解放されるのですが、絶対にちゃんと読んでくれよなっ!
特にメリルの過去についての記述はなかなか!やっぱ憎めないぞ…このマスク野郎…

今作はフリーゲーム版のリメイクなので、旧版は削除されてて見つかりませんでした。
なので、「その他情報」で貼り付けた紹介動画はかなり貴重でございますぜ!可愛かったしっ!
ちなみにコチラは管理人がネットの海から拾ってきた旧ビルギットちゃんです。こっちも可愛いっ!

今作は1889年が舞台でしたが、前作のVOYAGEは1892~1894年がメインでした。
そのため、今作の後日談にあたる1890年付近のお話は他作品でも語られていないのです。
この空白の2、3年のうちに何があったのか!これはプレイヤーの妄想がはかどる部分ですね~

次回作はファンタジー路線を予定しているらしく、一旦この世界のお話はストップとのことです。
さすがに全手描きマップは止めるご様子!いやぁ…確かに魅力的でしたが労力半端ないので仕方ないかと!
一体どんな世界になるのか今から楽しみですね!Twitterで定期更新される最新情報を要チェックです!


最後にブログのことですが、サイドカラムの余白が非常に余っているため、
掲載許可をいただいた予告作品とゲーム以外で最近購入した作品を貼ってみました。
私のおっすっすっめっです。とりあえずお気に入り登録してくれよなっ!

次は最近発売した作品と、明日(6/23)発売する作品の2本が決まっています!頻度上げて頑張りまーすっ
それでは、閲覧ありがとうございました(つ`-ω-´)つ

【◆TOPに戻る◆】

▼関連記事(カテゴリ:スレイヴ・カンパニー
VOYAGE-崇高を俯瞰するための手引-紹介記事
アントロポセン1889紹介記事

▼サークル情報
Ci-enhttps://ci-en.jp/creator/2915
Twitterhttps://twitter.com/verochi5

▼作品サムネイル
アントロポセン1889