otogiOniGokko_b0000

『童話の世界』の物語を欲望のままに『歪める追跡パズルADV+RPG!
紹介&感想 攻略まとめ アプデ情報 image-800_Dlsite
image-800_DMM

◆まえがき

otogiOniGokko_b0001

RPG サークル 発売日 価格
ふらいんぐパンジャンドラム 2020年4月25日 1,800円
おとぎばなしの鬼ごっこ

誰もが見知ったおとぎ話を集めた物語。しかし、結末は「あなた」の見たい姿へ変えることができる。
童話の世界は「あなた」の思うがまま…ハッピーエンドを邪悪な結末へと歪めてしまう。そんな物語。

サークル『ふらいんぐパンジャンドラム』より、童話の物語を歪める『追跡パズルADV+RPG』です。
「赤ずきん、白雪姫」など、お馴染みの童話の世界の物語を主人公である「あなた」が自由に歪めて
ハッピーエンドを打ち砕く!物語に登場する人物を『追跡者』として操り、ヒロインを追い詰めます。
全て思い通り、掌の上!明るい童話を劣情にまみれたインモラルな世界に変貌させてあげましょう!

『追跡パズル』とは、タイトルの通り、追跡者がターゲットを捕まえる『鬼ごっこ』です。
しかし、単純に追いつけば良いというわけではなく、ステージ内に設置された『トラップ』を活用し、
追跡者の持つ『固有スキル』を駆使してターゲットを追い詰める必要があります。称して追跡パズル!
プレイヤーによって攻略方法は様々です。複数の解答が存在する奥深いシステムが今作の魅力ですね!

エッチシーンは、「吐息・あえぎ声・ボイス・環境音」といった『音源』に非常にこだわっており、
聴覚から劣情を掻き立てる臨場感の溢れる演出が素晴らしいです。ステージで追い詰めたヒロインを
目の前にして「さぁこれから犯すぞ!ご褒美だ!」と、喜びで興奮している描写が目に浮かびます。
必死で解いたパズルの先に、こんな最高な凌辱エッチが待っているなんて、俺追跡者で良かったよ…
「かわいそうなのは抜けない」だって?果たして今作の演出を前にして、その心意気を保てるかな?

◆作品紹介

▼『追跡パズルシステム』

プレイ動画:ブランシェット(赤ずきん)のchapter1 ※体験版でも遊べるステージです
誰もが知っている『4つの童話の物語を歪めろ! ADVパートではヒロイン視点で物語が進みます!
otogiOniGokko_b0002
otogiOniGokko_b0003
パズルパートでは、『追跡者』を操ってターゲットを捕獲せよ! 全16ステージ+おまけ4種の大ボリューム!
otogiOniGokko_b0004
otogiOniGokko_b0005

本作で登場する童話は、「赤ずきん、白雪姫、不思議の国のアリス、親指姫」の4つの物語です。
また、各童話は、4つのチャプターに分けられています。つまり、全16ステージを攻略していきます。

シナリオの展開は、「トークパート → パズルステージ → エッチシーン」のように一本道で進みます。
トークパート(ADVパート)では、ヒロイン視点で物語が進行します。その途中で、パズルステージに
移行し、今度は『追跡者』の視点に切り替わり、見事クリアするとエッチシーン!という流れです。

今作のメイン要素である『パズルステージ』について詳しく説明します。(動画も参考にしてね!)
ルールは超簡単!追跡者を操作して、ターゲット(主にヒロイン)を捕まえれば、ステージクリアです。
タイトルの通り『鬼ごっこ』をするわけですが、もちろん、ただの追いかけっこではありません

一番の特徴は、追跡者とターゲットの進む速度が同じであること。一歩進めば相手も一歩進みます。
そのため、ステージ内に設置された『トラップ』や、追跡者の持つ『固有スキル』を駆使することで、
ターゲットを追い込んでいきます。追いつくのではなく、『詰み』の状態にする必要があるわけです。

例えば、岩を落として怯ませている隙に、トラバサミを設置して、掛かっている隙に捕まえる…など。
攻略方法は一つではありません。プレイヤーによって、様々な突破口が見つかるのも魅力の一つです。
どうしてもクリアできない場合は、任意でクリア済にすることもできます。救済措置もバッチシ完備

トークパートで、ヒロイン視点の物語を拝見した後、すぐさまヒロインを捕まえに行くというのは、
なかなか背徳感があります。感覚的には、ヒロインを品定めしている狩人です。ターゲットが動けば、
こちらも捕獲するために動き、見事捕まえたらご褒美にエッチこの一連の流れが凄く興奮しますね

▼『エッチシーン』

otogiOniGokko_b0006
otogiOniGokko_b0007

エッチシーンは、童話の世界ということもあり、『異種姦』がメインになります。
一言で異種と言っても「カエル、芋虫」などの動物型、「狼男、小人」のような人型など様々です。
また、人型に限らず喋ることができる相手が多いため、ヒロインたちとのトークも充実しています。

ヒロインたちは、純粋無垢で性知識がないため、『処女喪失』と『無知シチュ』も見所です。
呪いを解くためにと嘘をついてパイズリさせたり、こっそりと媚薬を飲ませてオナニーさせたり、
ただ無理やり犯すのではなく、バラエティに富んだシチュエーションで、段階的に淫らな肉体へ…
物語を操作し、無垢な少女たちを淫乱に染めていく過程。この掌の上で楽しむ感覚に大興奮です!

さらに、声優さんたちによる「あえぎ声」や、一部の台詞ではボイスが収録されています。
また、環境音にもこだわっており、厳選された音声素材を編集・合成して改良を加えているそうです。
実際にエッチに突入すると、「吐息・あえぎ声」&「H環境音」の一味違った臨場感に気が付くはず。
今俺はヒロインを凌辱しているんだ!」と、聴覚から劣情を掻き立てられ、興奮が留まらずですよ!

ギャラリーは、タイトル画面からいつでも閲覧可能です。
ステージカット機能も実装されており、パズルで詰んでしまって見られなくなることはありません。

◆あとがき

otogiOniGokko_b0008

紹介は以上です。プレイ時間は、全ステージをクリアして『3時間半』でした!
おまけマップも攻略済です。今作はパズルなので、プレイ時間にはバラつきがあると思います。

RPGをプレイしていると、ちょっとしたパズルステージを見かけることがあるじゃないですか?
「岩を転がして、奥にある宝箱を手に入れる」みたいなギミックです。ああいうの凄く好きでして、
今作は、そのギミックをコンセプトにして、『奥深さ』と『面白さ』を追求したような感じでした!

今までプレイしたことのない作風でしたが、パズルゲームとして見ても、ADV+RPGとして見ても、
どちらでも楽しめる作品だと思います。「パズルとADVは分かるけど、RPG部分はどういうところ?」
と、感じる人もいると思いますが、一言で言えば、『ロールプレイ(役割演技)』です。紹介記事でも
書いた通り、「ADV→パズル→エッチ」の流れを『追跡者』視点で見ると、劣情が物凄いですよ~!
「品定めして、捕まえて、犯して…」また、追跡者だけでなく、「物語を歪めている主人公」にも
成りきってプレイすると、これがまた最高です!エッチまでの過程を重んじる人には特にオススメ!

ワイド画面でマウス操作もでき、クリック数は少なく、操作性はシンプルに…といったデザインで、
非常に操作がし易かったです。Surfaceでパネル操作を試してみたのですが、実用性アリアリですね!
最近、スマホ対応に向けたパネル操作を実装にしている作品を多く見かけます。今作はその代表として
非常に参考になるデザイン性&操作性だなぁー!と、個人的に強く感じました。時代ですね~・・・!

さて、そんな感じで今回は、おとぎの世界を歪めてしまう『追跡パズルADV+RPG』の紹介でした!
それでは、閲覧ありがとうございました(つ`-ω-´)つ

【◆TOPに戻る◆】

▼『攻略まとめ』記事はコチラから!


サークル情報(関連カテゴリ:ふらいんぐパンジャンドラム
公式サイトCi-en ふらいんぐパンジャンドラム(武藤FP)
Twitter武藤FP@MutoFP
Twitter天音蓮人@hasu666amane

▼販売サイト
image-800_Dlsiteimage-800_DMM

▼作品サムネイル