FairyWarriorFiria_b999

若き妖精騎士が潜入任務!ステージギミック豊富なステルスRPG!
紹介記事 攻略まとめ image-800_Dlsite
image-800_DMM_g

◆作品のご紹介

FairyWarriorFiria_b002

RPG サークル 発売日 価格
Studio 星渡 2019年10月16日 900円
妖精騎士フィリア

難病の家族を救うため、冒険者としての日々を過ごす主人公のフィリア。
巷で増えつつある行方不明者の調査依頼のため、妖精たちと力を合わせて奮闘する物語。

サークル『Studio 星渡』より、若き妖精騎士の少女が捜索任務を遂行する「ステルスRPG」です。
極力戦闘を避けて進むスニーキング(避けゲー)をベースとして、敵を背後から仕留めるバックスタブや、
各所に配置されたギミックを駆使して「見つからず、丁寧に」任務を遂行していきます。

ステージクリア形式となっており、1ステージクリアすると消費アイテム等はリセットされます。
各ステージの最後に待ち構えるボスまでに、いかにアイテムを節約しておくかがクリアの鍵となり、
基本的に戦闘はデメリット。あくまで「ステルス」を重きに置いたゲーム性を追求した作風です。

また、細かな注目ポイントですが、トークテキストが多めで内容も面白いです。
今作のような「ステージ内で目的を達成していく」タイプの作品では、街などの施設がほぼないため、
トークシーン自体が少ない作品が多いです。しかし、今作では各ステージに妖精やNPCが点々としているため、
会話パートが多々あります。また、各ギミックを発見した際にフィリアちゃんが感想や意見を述べたりします。
この時の喋り口調がとても上手く、フィリアちゃんというキャラクターがとてもイキイキと伝わってきます。
「言い回しが上手い」とも言うのかな?「冒頭から上手なテキストだなぁ…」と、率直に感じまして、
少し細かな部分でしたが紹介させて頂きました。また、表情差分の変化もとても丁寧で尚良かったです!

▼『シナリオの進め方』

ステージ内に設置されたギミックを解いて進もう! 素材を調達してアイテムと交換してもらったり。
FairyWarriorFiria_b003
FairyWarriorFiria_b004
敵に見つかれば戦闘。背後から攻撃で一撃必殺! 捕まってしまうと凌辱されてゲームオーバー…!
FairyWarriorFiria_b005
FairyWarriorFiria_b006
【ギミック例】敵が複数いるエリア→(?マーク)棚でワインを発見→警報を鳴らして誘い出すことに成功!
FairyWarriorFiria_b007
FairyWarriorFiria_b008
FairyWarriorFiria_b009
FairyWarriorFiria_b019

フィリアちゃんが受けた任務は、行方不明になった狩人の捜索です。
手掛かりを求めて森を訪れるも、卑劣な盗賊に捕まってしまい、脱出するところから始まります。
これが「ステージ1」です。今作はステージクリア型で進行するため、大きな施設はありません。
ステージ毎に消費アイテムもリセットされるため、1ステージ毎のクリアに全力で挑みましょう!

戦闘は本的にデメリットになるため、敵は避けて通るか、暗殺して進みます。
敵は人間型や魔物など様々ですが、それぞれ視界を持っており、見つかると即時に戦闘に移行します。
これを避けるために、視界の外から背後に回って暗殺するバックスタブが今作の攻略の鍵を握ります。
RPGよりも見下ろしアクションに近い感覚かも。自信のない人は小まめなセーブを心がけましょう!

しかし、ただ徘徊する敵を避けて通れば良いわけではありません。
ステージには多数のトラップやギミックが設置されているため、これを解かずしてクリアは不可能!
例えば、上記画像の例のように、敵をおびき寄せて活路を見出したり、別ルートを確保して進むなど、
探索面のスキルを強く求められます。調べられる箇所はフィリアちゃんの頭上に「?マーク」が付くため、
怪しい箇所はドンドン近づいてみましょう!調べた箇所がきっちりとメモされる親切設計も助かりますね!

▼『戦闘システム』

基本的に戦闘はデメリット!極力被害を抑えよう!拘束攻撃を早く解かないとドンドン不利になるぞ!
FairyWarriorFiria_b012
FairyWarriorFiria_b013
敵の攻撃に合わせてスキルを放つと無効化できる▼消費アイテムは各ステージで制限!節約が重要!
FairyWarriorFiria_b014
FairyWarriorFiria_b015

先ほど戦闘はデメリットなので避けるべきと記載しましたが、全ての雑魚戦は回避するのは困難です。
また、各ステージの最後は必ずボス戦になるため、ゲーム要素として戦闘は必須のシステムになります。
任意の雑魚戦では極力被害を抑えること。ボス戦では残ったアイテムなどを駆使して全力で挑みましょう。

今作では戦闘システムでも、戦略性が求められるテクニカルな作品となっています。
まずフィリアちゃんのレベルは固定値のため、ステータスの変動は基本的になしの認識でOKです。
スキルも最初から付与されたものに限るため、この中で敵との相性を探り攻略する必要があります。
また、消費アイテムはステージ毎に限られているため、MPの消耗は特に注意する必要があります。

特徴的な戦闘システムとして、敵の特殊攻撃には「上段・下段・突進・拘束」の4種類に分けられます。
これらは非常に強力な攻撃ですが、各攻撃に合わせた魔法剣を使用することで打ち消すことができるのです!
攻撃の種類の見分け方は、戦闘中のテキストで確認できます。「腕を振り上げた」→「上段攻撃」みたいな。
しかし、スキルはMPの消耗が激しいため、節約のため防御で耐え忍ぶか、HPを見切って先に倒してしまうか、
この辺はプレイヤースキルが問われる面白い部分ですね!かなりシビアな戦闘が多いため玄人好みだと思います。

私はRPG慣れしている上にマゾなので、戦闘も非常に愉しむことができ、バランスにも大絶賛でしたが、
慣れてない人は絶対に嘆くと思います!その場合、きっちりとイージーモードが用意されているため、
「厳しいな~」と思ったら切り替え推奨です。逆に玄人には痺れる難易度なのでかなり楽しめますぞ!

▼『エッチシーン』

FairyWarriorFiria_b016
FairyWarriorFiria_b017

エッチシーンは、対人凌辱メインで、敵によって異種姦・触手・機械姦もあります。
発生条件は、ミッションの失敗…つまり、戦闘敗北やギミックの解除に失敗した場合に発生します。
凌辱発生 = ゲームオーバーになるため、シーンを発生させずとも回収可能な便利設計はバッチシ完備!

フィリアちゃんは穢れ無き処女のため、どのシーンでも純潔を奪われてしまう絶望感のある描写が多く、
快楽や淫乱といったステータスはありません。ゲームオーバー直結イベント特有の容赦のなさです。
上記画像のような俗にいう「マグロ目」差分も特徴的です。古き良き敗北凌辱好きに刺さるやつ!

回想部屋の仕様が凝っており、CGに対して表情差分や脱ぎ具合を自由にカスタマイズできます。
実際の画面は【こんな感じ】です。もちろんシーンによっては変更できない部分もありますが、
なかなか盲点な仕様だったためアイディアに驚きました。組み合わせ保存も可能な抜かりの無さ!

◆あとがき

FairyWarriorFiria_b018

紹介は以上です!プレイ時間は4時間半でした!
リトライ(S&L)回数が多かったので、ゲーム内では3時間半になっています。

スニーキングRPGとしての完成度も非常に高いうえで、戦闘面でも楽しませて頂きました。
限りある状況下での戦闘は、再挑戦と達成感を存分に味わえる痺れる難易度でやり応えありました!
なかなか人を選ぶ難易度かと思いますが、イージーモードもしっかり実装されているため、
ゲーム苦手だよ~という方も、是非チャレンジして欲しい作品です。フィリアちゃん可愛いし!

Ci-enを見る限りでは、次回作は「フィリア2」を制作中とのこと!
継承された内容なのか、それともまた別のシステムなのか、続編に期待高まります。(買う!)
ここ最近、各所の制作過程を全く追えていないので、決まった時間を作ってCi-en巡りしたいですね…

さて、そんな感じで今回は、妖精騎士ちゃんが潜入任務に奮闘するステルスRPGの紹介でした!
それでは、閲覧ありがとうございました(つ`-ω-´)つ

【◆TOPに戻る◆】

サークル情報
Ci-enhttps://ci-en.dlsite.com/creator/3995
Twitterhttps://twitter.com/Nefence_cr

作品サムネイル